2016.09.06 22:23コラム (4)

竜胆の咲く頃

ピンク竜胆(りんどう)を飾りました。一般的な竜胆は青紫色ですがこちらは珍しい桃色タイプ。 実は当店の障子にあしらった組子模様は日本の伝統的な竜胆柄、誠実や高貴を表す模様と言われております。 竜胆の根は長寿の薬といわれ親しまれていました。それが竜の胆のごとくとても苦い事からこの名が付いたという説があります。 良薬は口に苦しですね。(食欲の秋、当店では身体にも良く苦すぎない美味しいものをご用意しております) 秋を代表するお花の一つ、組子と生花のダブル竜胆の空間を暫しお愉しみいただければと思います。
コラム (4)
  • facebookシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

アーカイブ